« 髪の毛カット | トップページ | 今朝の雪 »

「沈まぬ太陽」をみて考えること

金曜日の7時から4時間もある長丁場な映画ですね。

公開されるとき、観にいこうか悩んでいた映画でした。

まあ、内容が内容だけに、○○航空だと思われがちな内容ですよね。

フィクションだといいつつ、「御巣鷹山」出てきますからね。

実際、映画を見て考えてみた・・・。

私は労働組合がある会社に勤めたことがない。社員2000名を超える会社に在籍していたこともあったが、労働組合はなかった。

しかし、誰がどう考えても、○○航空って会社が頭をよぎりますね。

民間企業でありながら、政府出資ってのも重なるところもあります。

企業というものを題材として映画にしているものを見ると・・・実際、自分の置かれた立場と重ねて考えてしまいませんか?

同じ会社で何十年も勤めるのが一番いいのか(それが可能ならそれがいいのかも?)、転職がいいのか・・・なんてね^^

「沈まぬ太陽」を見て、三浦友和演じる常務ですか・・・その後、どうなったんだろうって思うわ。何故かそれが一番、気になるわ・・・。東京地検特捜部から少しお呼びがかかってましたがね。

結局のところ常務は最後どうなったの?

それを確認できたら、気分はもう少しすっきりしたな。

さて、日曜洋画劇場は「トランスポーター3」だ!

2月中に映画館でみたい映画は、「ウォルストリート」。

3月のみたい映画は、「ツーリスト」、「SP(革命篇)」と忙しい。

この調子だと、毎月1本~2本見る計算になる。去年といい、今年といい映画を観るのはいいね。

今年秋には、「アンフェア」が公開されるし・・・楽しみだわ♪

|

« 髪の毛カット | トップページ | 今朝の雪 »

音楽・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 髪の毛カット | トップページ | 今朝の雪 »