« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

映画 「バトルシップ」

映画 「バトルシップ」

20120414battleship

こちらの映画は、「TIME」と「マーガレット・サッチャー」の上映前の宣伝で少しきになっていた作品でした。
観てきたのは、4/14(土)です。私にしては珍しく休日に観ています。

それもそのはず、単に、TOHOシネマズが1000円で映画が観れる日だってことに土曜日当日に気づきまして、慌ててネットで予約したというわけです。



あらすじを簡単に説明すると、多国合同軍事演習をハワイ沖でやっている最中に、地球生物未確認物体が飛来し、地球を守るべく戦うっていうストーリーです。
ハリウッド好きそうな映画の展開でしょ??

これがね、結構日本よりな映画に感じしましたね。
浅野忠信が出演しています。個人的にはきっとメインキャストではないだろうと思っていたら、これがどっこい、メインキャスト扱いでした。

だって、脇役なんかではなく助演です。

さて、実際はどうなのかというと、歌手のリアーナが出演したり、ユニバーサル100周年記念作品と話題性はあるものですね。

普通は、そんなところから飛び込んだら、生きてはいないだろーとか、沈む船に吸い込まれるでしょとか、骨折れてるだろ?って思うこともしばしばあります。当たり前ですがメインキャストはなかなか倒れたりしません。
話の展開が途中から急にペースアップしたりします。無理やり感もありますが、やっぱりそこはハリウッド映画です。

映像としてみたら、結構な迫力のあるシーンとかあるんですけど、いまひとつ何か欠ける感じ??
突っ込みどころ満載かもしれませんが、すっきり爽快感はあるかもしれません。


私は、そうですね...地上波で公開されても見ないかな??

| | コメント (0)

映画「マーガレット・サッチャー」 鉄の女の涙

マーガレット・サッチャーといえば、言わずと知れたイギリスの女性首相ですね。
彼女が存命中に、このような映画ができると内心思っていなかったので、興味をそそられ、観てきました。しかも、観たのは・・・3/30のこと。

映画「マーガレット・サッチャー」(鉄の女の涙)

20120330
(C)2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

主演は、やっぱりこの人って方でした。有名な女優ですね。
 主 演:メリル・ストリープ


観てて作品に惹きこまれる感じを受けました。
そこは、作りこまれてるっていうより、メリル・ストリープの演技力による部分が大きいと思います。
それくらい、圧巻される名演技でした。


現在のサッチャー、首相在任時のサッチャーとすごいですね。
同じ人が演じているのに、同じ人に思えなくらいです。首相時は力強くそして弱い部分も演じわけ、現在のサッチャーにいたっては、一人の老人としての動作やしゃべり方・・・本当にすばらしい。

首相としての華々しい部分もあれば、苦悩する部分もありで見ごたえ十分ですね。


私の物心ついたころは、すでにサッチャーの時代でした。日本だと中曽根首相の頃ですよね。フォークランド紛争など名前でしか知らないので、ちょっとイギリスの歴史を勉強してみたくなりましたね。


これはオススメな映画の一つです。
じっくり作品を観たい方にはよいと思います。

| | コメント (0)

あらま・・・そうきました??

ロードスター君を手放したのは記憶の新しいところです。

1月に異動となった「やちのすけ」ではありますが、またしても先日辞令が・・・。
元の職場に戻ることになったわけでございます。(おぉーーぃ)



まずは、こちらをお読みください → inline4

スイフトを購入したのは2月でした。
が、しかし!2月の時点でyattiの会社の機構改正があるってのは、情報としてわかってはいたのです。ただ配属先が元の部署か新しい部署か・・・謎。どちらになったとしても広島市内で遠くもないわけです。

じゃあ、あえてスイフト購入を決断した理由として

  1. ロードスターは過走行である (12万km超え)
  2. メンテ費用が今後重くのしかかる
  3. 燃費が圧倒的に悪い
  4. 税金面が高い。(1t&1500cc超えの13年目)
  5. yattiが意外とスイフトを気に入ったからw
  6. 下取りのつかない車を買い取ってくれる後輩がいた

しかしながら、簡単に車を乗り換える予定はないだろうってことで、12月に冬用タイヤを購入したばかりでした。

ロードスターっていう車種といい、あのカラーといい、ちょっと一般受けしない車でしたので、極端な車だからこそ不満もあるけど、オープンにしたりと本当に楽しめる車でした。

いまとなってはロードスターを手放すのが時期尚早であったかも??と感じてならないですが、まあ早い話、今更言っても遅い!!
なので、非常に悲しい現実ではありますが、ここは諦めるしかありません。



そーんなことを渋々思っていたら、もっと悲しい現実が襲ってまいりました。


私のメインカーは「アコード」になり、会社にも「アコード」で通勤すると届出をわざわざ提出しなおしたのに、yattiが今後はアコードで会社に行くというではないですか!!


理由は、会社の人に、役職が一つ上になって給料もよくなったのに、もっといい車に乗りなよって言われたからw(なんですかーそれ!)

早い話し、アコードの代替が「スイフト」だと勘違いされたらしいのですけど・・・。



そう思われたことが、非常にショックだったので、「俺はアコードで行く!!」と、断言ですw



yattiの会社の後輩がスイスポ、yattiの父がオートマのスイフトに乗っているので、個人的にスイフトがほしいと、実は思ってなかったのです。(スイフト乗りの方ごめんなさい・・・だけど、周りが乗ってるし、私の会社の駐車場の周りもスイフトだしw)





スイフトに乗るのに、何が一番のショック・・・。

アコード白、スイフトも白!!!そう!カラーか普通すぎてつまらない!!
冠婚葬祭に使用できる車が2台...もいらない。

私、車に関していえば、派手なカラー&一般受けしない車が好きなんです。



白は清潔感があるだろ!!とyattiは言いますが、私にとっては・・・。


ここも諦め乗るしかないのでしょう。



というわけで、明日にでも、会社に申請手続きをまた聞かなきゃなあ・・・。
以前のように車に楽しみを求めちゃあダメだわ。



次購入する車は、私好みの車を購入するように、もっと強く言わなくては。

しかも、昨日行ったホンダのディーラー営業マンに、「何で変えちゃったんですか?あの色とか本当にかっこよくて、きれいに乗っていたのに、勿体無い!」って言われちゃったのよ。



そんなこと言われたら、今の私には火に油を注ぐようなものだ。
むぅ~むぅむぅ。

世の男性陣・・・奥さん敵に回すと怖いんだからね!!!
納得いくことばかりではないけれど・・・久しぶりに沸点を超えて、ドッカーンと噴出すけいけいでございました。


ま、でもね・・・こんなこと思う世の奥さんは本当に少数派だと思うし、そもそもマニュアル車の運転を教え込み、ますます車好きに替えてしまった「やちのすけ」・・・そう、君が一番悪いのでは??と思ったけいけいでしたマル。




ま・・・住めば都といいますので、1ヶ月もすれば、↑↑のようなことは微塵も思ってなかったりして・・・いや忘れててるかもね(ぉぃ)

| | コメント (4)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »