« あらま・・・そうきました?? | トップページ | 映画 「バトルシップ」 »

映画「マーガレット・サッチャー」 鉄の女の涙

マーガレット・サッチャーといえば、言わずと知れたイギリスの女性首相ですね。
彼女が存命中に、このような映画ができると内心思っていなかったので、興味をそそられ、観てきました。しかも、観たのは・・・3/30のこと。

映画「マーガレット・サッチャー」(鉄の女の涙)

20120330
(C)2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

主演は、やっぱりこの人って方でした。有名な女優ですね。
 主 演:メリル・ストリープ


観てて作品に惹きこまれる感じを受けました。
そこは、作りこまれてるっていうより、メリル・ストリープの演技力による部分が大きいと思います。
それくらい、圧巻される名演技でした。


現在のサッチャー、首相在任時のサッチャーとすごいですね。
同じ人が演じているのに、同じ人に思えなくらいです。首相時は力強くそして弱い部分も演じわけ、現在のサッチャーにいたっては、一人の老人としての動作やしゃべり方・・・本当にすばらしい。

首相としての華々しい部分もあれば、苦悩する部分もありで見ごたえ十分ですね。


私の物心ついたころは、すでにサッチャーの時代でした。日本だと中曽根首相の頃ですよね。フォークランド紛争など名前でしか知らないので、ちょっとイギリスの歴史を勉強してみたくなりましたね。


これはオススメな映画の一つです。
じっくり作品を観たい方にはよいと思います。

|

« あらま・・・そうきました?? | トップページ | 映画 「バトルシップ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらま・・・そうきました?? | トップページ | 映画 「バトルシップ」 »