« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

映画 「そして父になる」

本日、映画 「そして父になる」を観てきました。
yattiが部下の結婚式に出席している間に、ちょっくら映画を見てましたの。

20131110


映画のはじまる前の予告ムービーで気にはなっていた作品でした。

話の内容は、映画の予告などを観ている方も多いでしょう。
簡単には、生まれた子供の取り違えというストーリー。
取り違えが発覚して、その後の親の葛藤を描いています。

個人的には、涙ちょちょぎれになるのかなあって思っていたのですが、涙もろい私が涙を流すことなく見終わってしまいました。
(涙ぐみそうにはなるのですが、何せ、肝心なときに、携帯が着信した際のブーブーというバイブ音がして・・・しかも間をあけて3回も!・・・せめて、スマホなら機内モードにするとか、携帯でもサイレントモードするとか、マナーを守ってほしいですね。)


話は悪くはなかったのですが、終わり方がすこし物足らない感じがしたな。
取り違えた夫婦の話としては、解決したんでしょうけど、もっとその後の話がほしかった。


実際子供がいない私としては、想像を超えてるいる話。
もしも、わが子がっていうわが子自体いない。

きっと世の親でも、こんなこと考えたくない話。
けれど、取り違えたって話は、昔はあったんですよね。

いまは、病院側としても、患者の取り違えには厳しく、患者にバーコードを記載したテープを手に付けたり、新生児だと足首にバーコードを記載したテープを付けるとかしてますから、取り違えるなんてことはないでしょうが^^;

だけど、映画で驚いたのが、故意に取り違えたとして、その実行犯についても、時効が5年って・・・。
5年後過ぎると、刑事犯扱いにはならないのですね。
あくまでも民事。

取り違えられた親からすると、5年はとても短いような気がします。
法律に詳しくない私なので、何を言うって感じですけど^^;


次は何を観ましょうかね。
個人的には、すでに遅いですが、「人類資金」と「ダイアナ」を観たいのですよ^^;
だけど、公開が終わっちゃうのよね。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »