カテゴリー「書籍・雑誌」の3件の記事

読書 「夜明けの街で」 by 東野圭吾

今年の10月に劇場公開される映画「夜明けの街で」は、東野圭吾著書によるものを映画化にしたものですね。

映画を見てみたいなって思ったので、読書の秋ですから読んでみました↓

20110917

単なる不倫の話しかなと思っていたんですが、どうやらそうじゃなかったようです。

読み続けるにつれて、のめり込んでしまい、数日に分けて読んでおりましたが、最後は一気に読みきってしまいました。面白かったです。どんでん返しもあって、そうくる?って内心思いながら読みました(笑)。

ベストセラーですから、読んだ方もいるかもしれませんね。

あらすじは、既婚者の男性社員が、会社に派遣でやってきた女性と気づけば不倫関係になり、彼女が抱える色々な問題に巻き込まれていく(自分で巻き込まれていく)といった内容。この問題が一味あってピリっとした辛さがある^^

問題がいい意味のエッセンスです。読む方にとっては、単なる不倫話しじゃんって思うかもしれませんがね^^;

ぜひ、夜長の秋のお供にいかがでしょ^^

| | コメント (0)

読書の秋?

読書の秋maple

3日間かけて、人から借りた東野圭吾の小説「手紙」を読みきりました。

なかなか重たいテーマで、何章進んでも主人公が報われることがない話で読むにも一気に読み進めなかったというのもあります。

ベストセラー小説ですから、読まれた方も多いのではないでしょうか?

あとは、映画も最近まで公開していたので、ご存知の方も多いだろう「告白」も読みましたね。

今年公開された映画でもおなじみの「サヨナライツカ」も読みました・・・。

ん?映画になったものばかりですね(汗)。

ベストセラーになると映画になるこも多いですしね^^

そんなこんなで、私は夏の終わりから、読書の秋真っ只中です。

まだ、読みかけのものあるし^^

これから涼しくなって、読書の秋っぽくなってくれれば言うことなしなんですけどmaple

| | コメント (0)

雑誌の付録

書店でファッション雑誌の売り場へいくと、よく最近思うのが、付録がついている雑誌が多くない!?

私が購入する雑誌って、いつも決まっています。

  • BAILA
  • MISS

です。余りかっちりしていないコーディネイトが多いのが好きです。

BAILAはたまに、付録があるんです。まあ、使えない付録もありますけど、たまに使える付録もあります。

だけど、ちょっと気になる付録がついている雑誌があったので、ついつい購入したわけです。で、ついつい購入した結果思うのが・・・やっぱり、付録はあくまでも付録だなあってなるわけです。

書店で付録の現物が展示してあるので、よくチェックして購入しないとね^^

だけど、付録で選ぶと、なんていうか雑誌の内容が自分自身に適さないことって多くありませんか?

そんなわけで、やっぱり、気に入った雑誌だけしか購入しなくなります。

付録もいいんだけど、やっぱ、似たような付録が多くてね、またかって思ったりね。

だけど、ネックレスとか付録でつけられても、こんな安っぽいやつはつけないしなって思ったりするし、付録のおかげで少し割高になってしまったり、余りいいことがない。

なので、最近はおまけの付録ではなく、付録がメインだろっていうようなものを購入してますね。

レスポサックの本とか

結構な価格だけど、そこそこ付録がしっかりしてて、内容も裏切らないですものw

やっぱ、付録はあくまでも付録なんですよ。気づくのに時間がかかったわ・・・。

福袋ではずれのアイテムが入っていた気分と一緒かな(汗)。

| | コメント (0)